さて「正当な」盆休み初日。
いつも宿を提供してくれるノハラ嬢と、呼子へ繰り出すこととしました。
熊本では考えられない快適湿度、ほどよい曇天、心地よい海風。
虹ノ松原を走り抜け、唐津城をちょいと散策し、辿り着いた呼子では、鮑づくしに、イカづくし。胃袋も大満足です(さらに、ジーラ号での海底遊覧で、周囲の魚群を見ては”おいしそぅ♪”と叫んでしまいましたが)。
その後、福岡へ戻るお嬢と別れ、ぱじぇろ号は伊万里・有田経由で北方の祖母宅を速攻訪問。
夕暮れ時、ETC1000円の恩恵に預かりつつ、ようよう、ぱじぇろ号は帰宅の途に就いたのでありました。
13〜14日の走行距離は452kmです。