本日のメーンイヴェントはぱじぇろ号のオイル交換&ETC車載器購入でありました。本体譲渡価格1万円也(!)よりもお高い器材購入にずっと二の足踏んでおりましたが、とうとう誘惑に負けました。
久々の高額散財につい惑わされ、新古書店も訪問。初出が1821年から2002年と、色とりどり。ワンコイン道では東洋文庫の「知恵の七柱」に手が届かなかったのが返す返すも残念。

●ケニルワースの城/ウォルター・スコット(集英社)
●ブラックライト 上・下/スティーヴン・ハンター(扶桑社ミステリー)
●運命の息子 上・下/ジェフリー・アーチャー(新潮文庫)
●戦いの子/カリン・ロワチー(ハヤカワ文庫)
○ETC車載器(本体・セットアップ・取付一式)

【支払累計】 書籍:23,777円(33点/0.663m) その他:32,555円(1点+1式)