XX年前出版の文庫本。
日増しに、開くことに恐怖を覚えております。
開いて大丈夫?
まだ、読める?
文庫本しか出版されていないものも数知れず。
”読む”行為に、”あと何回大丈夫?”なんて制限が付こうとは思ってもいませんでした。orz。なんて、心臓に悪い……。