歳のせいは勿論あって、日々「ら」抜き言葉に仰け反っております。
そんなワタクシがここ数ヶ月気になっているのが「までの」の使い方。

XXまでの……って、XX(期日)までやってます、と期間の終わりを表現すると思っていましたが……。
某N◯Kのニュース、某全国紙、某地方紙で、XX(日付)から稼働予定の事柄に対して『XXまでの開始を目指す』と云う表現。開始を目指すのがXXまでで、できなかったらゴメンなさいねって含みがあるのでしょうか?