両親の書籍をがっつり処分したのも早、半月以上前。
それから、無職期間を有効活用すべし!と、平屋2LDK(昼なお暗い納戸+一畳掘り炬燵がど真ん中に鎮座する居住空間+土間と連結台所)のあちらこちらに手を出しては返り討ちに遭っています。

無断居住者(齧歯類)の驚異の置き土産に震え上がったのも遠い昔。
両親の遺物整理と生前断捨離はエンドレス。廃棄する予定で戸外に出していたら、また屋内に戻されること多々。

一部損壊未満の災害復旧(タイル壁の目地崩れだとか板壁のずれまくりだとか)にあと一年はたどり着けない気がすることしきりです。