ようやく、本日、ブログ用の画像アップが完了しました。
ふぅっっっ。
撮ればいいものを撮っていない、撮らなくてもいいものを撮っている……。
今回の旅では数年前に購ったSONYのDSC-HX5(Cyber-shot)に32GBのSDカードをセットして持っていきました。幸い、容量不足には陥らず、追加購入はなし。
思い起こせば、20年前には、NIKONのFM2(電池が切れても撮影できる優れもの)にASA800の36枚撮りFUJI FILMを10本。望遠レンズに広角レンズ、各種フィルターにコンバーターも付けて、ついでに人様にショットお願い用のオートフォーカスも持って行ってました。毎晩、残り本数を数えてましたよ。
GPSにて撮影場所を記録してくれる有難い機能(雨模様の時は悲しいぐらい測位ができなかったですけど)と記録容量にはほんとに敬意を表しますが、あまりに”無駄に便利”すぎて、1ショットを丁寧に撮る姿勢が消えてしまっていることにも気づかされました。
……なぁぁんて、フィルム一眼レフを懐かしがってみたりもしますが、一ヶ月ひとり旅では、重量・体積では文句ありませんでした(DSC-HX5の謳い文句は”旅カメラ”だもの)。