アスコット競馬場のグランドスタンド
アスコット競馬場のパレードリング
アスコット競馬場のレースコース
スタンド前で踊る女の子
飛越の連続画像
アスコット駅
West Trains
昨年の12月23日は、荒尾競馬場最後のレース開催日。父と観戦しに行きました(これが最後のデートになってしまったのですが)。
さて、4度目のイギリス訪問にて、ついに、念願の障害競馬観戦を果たしました。
ところは、アスコット。
22日はお子様向けのイベントが盛り沢山(”Christmas Meeting Family Day”と銘打たれていました)で、一家総出、があちらこちらに。もちろん(?)、ぎょっとするほど着飾った方々もちらほら。
残念ながら、賭けるまでには至りませんでしたが、楽しい一日でした。

追記(2013/01/22):・1番目画像は、アスコット競馬場(Ascot Racecourse)のグランドスタンド(Grand Stand)。到着時は雨がぱらついていましたが、レース中は上がりました。父のおかげ? 撮影場所は、北緯51度24分42.5秒・西経0度40分44秒です。
・2番目画像は、レース前に出走馬がお目見えするパレードリング(Parade Ring)。画像は午後0時55分にスタートする第1レース”The Foundation Developments Novices' Handicap Hurdle Race”(CLASS 4)の出走馬。撮影場所は、北緯51度24分42.8秒・西経0度40分47.6秒です。
観客の皆さん、プログラム片手にお馬さん研究に余念がありません。
・3番目画像は、グランドスタンドからレースコースをパノラマモードで撮影してみました。撮影場所は、北緯51度24分43.8秒・西経0度40分47.5秒です。
・4番目画像は、レースの合間にスタンド前で踊る女の子(保護者は賭けに行っていたんでしょう)。可愛らしかったので思わず撮ってしまいました。
・5番目画像は、第4レース”The Champagne Bollinger Silver Cup Handicap Steeple Chase”(CLASS 1)(LISTED RACE)での飛越の瞬間の連続画像です。
番号を振っていますので拡大して見てみてくださいね。ピントはあっているのですが、馬の速さにカメラの能力が全然追いついていないですけど。
・6番目画像は、アスコット駅のホーム。最終レースの前に戻ってきたので、列車待ちのお客さんは少なくてほっとしました(往路は超満員でしたもの)。撮影場所は、北緯51度24分22.1秒・西経0度40分34.6秒です。
・7番目画像は、ロンドン・ウォータールー(Waterloo)−レディング(Reading)間を走るWest Trainsの車両。
※画像をクリックすると別窓で拡大表示されます※