代走のICE
ケルン大聖堂
ケルン大聖堂のステンドグラス
ホーエンツォレルン橋とケルン大聖堂
ライン川
ケルン駅
ホーエンツォレルン橋
ユーレイルパスを使って、ドイツはケルン(Köln)へ行ってきました。
行きも帰りも、ドイツ鉄道が誇る(?)ICEを使いましたら、物の見事に遅延&車両変更。ま、貴重な体験ですね。
おかげで、ケルンはたった2時間弱の滞在。
ケルン大聖堂(Kölner Dom)をじっくり見て回って、その後、せっせとホーエンツォレルン橋(Hohenzollernbrücke)を往復して一応ライン川(Rhein)を渡河。これでタイムオーバー。
どうか、年末ジャンボが当たりますように。

追記(2013/01/12):・1番目画像は、Düren駅(ケルンとアーヘンの中間あたり)に颯爽と入ってきた代走のICE。吹きさらしのホームで空しく20分ほど待ちましたよ、ほんと。
帰路のICEの最高速度は200km(速度表示計の目視ですけど)。思ったほどに早くなかったです。
ケルンについてはよく知りもせずに仕入れたユーレイルパスが3ヶ国用で、ワタクシも下調べもせずに訪れたところなので、当地に申し訳ない観光客だったな、と深く反省しています。
撮影場所は、北緯50度48分34.9秒・東経6度28分58.6秒です。
・2番目画像はケルン大聖堂正面。見上げるだけで首が痛い……。とにかく、でっかい。観光客もたくさん!(ワタクシもその一人)
撮影場所は、北緯50度56分29.5秒・東経6度57分22秒です。
・3番目画像は大聖堂のステンドグラス(の一枚)。何しろ、でっかい大聖堂なので、当然のことながら、台形画像だらけです。
・4番目画像はライン川対岸(右岸)から撮ったホーエンツォレルン橋とケルン大聖堂。橋は、全長約410m、3連のアーチ橋で、鉄道と歩行者用。
撮影場所は、北緯50度56分27.9秒・東経6度58分6.3秒です。
・5番目画像はパノラマモードで撮影したライン川。天気が良かったら、時間がもっとあったら、クルーズ船に乗ってみたかもね。
・6番目画像はケルン中央駅(ホーエンツォレルン橋側)。
撮影場所は、北緯50度56分29.2秒・東経6度57分33.1秒です。
・7番目画像は、おまけ(?)のホーエンツォレルン橋。歩道と鉄路を隔てる鉄柵にびっしりとついているのは、イニシャル入りの南京錠、南京錠、南京錠……。もう、一分の隙もない感じです。
※画像をクリックすると別窓で拡大表示されます※