メルカトール号
鍛冶屋の門
鍛冶屋の門
観光馬車
鐘楼
本日もブリュッセルをちょっと離れてみました。
まずはオステンド(Ostende)で帆船見物。かつてベルギー海軍の練習船だったメルカトール号(Mercator)です。ついついカメラのシャッター押しまくってしまいました。
その後、ブルージュ(Bruges)へ。ここで唯一見学したのはマルクト広場(Markt)にある鐘楼(Halle en Belfort)。「煙と何とかは高いところに登りたがる」の言葉通り、高さ83mの塔の366段の石の螺旋階段に挑んできました。明日は筋肉痛かも。

追記(2013/01/04):・1番目画像はメルカトール号。船溜りの最奥なので全景を撮ることができたのはこの角度だけ。画像では青空が見えていますが、記憶ではずっと小雨模様だったような……。撮影場所は、北緯51度13分36秒・東経2度55分8秒です。
・2番目画像はブルージュの鍛冶屋の門(Smedenpoort)。駅からせっせと歩きました。オステンドに行かなければ、時間に余裕を持って一周したところですけどね。撮影場所は、北緯51度12分19秒・東経3度12分44.7秒です。
・3番目画像はブルージュのロバの門(Ezelpoort)。これまた、せっせと歩きました。この門の堀には個人的に苦手な白鳥がたくさんいまして、いささかびびりました(苦手な理由はいずれ書くこともあるかも)。撮影場所は、北緯51度12分56.8秒・東経3度12分57.2秒です。
・4番目画像はギルドホール周辺をぐるぐる回る観光馬車。石畳の街路に響く蹄の音が耳に心地よかったですよ。
・5番目画像はギルドホール中庭から見た鐘楼。狭い石造りの螺旋階段は多くの物好き、もとい観光客の上り下りですっかりすり減っています。その登攀(おおげさ?)はなかなかスリルがありますが、足下が透けて見えるわけではないので高所恐怖を感じることはなさそう。せっせと登ると画像に「このあたり」と記載した高さまで行き着きます。ほぼ360度の視界は絶品(寒かったですけど)。撮影場所は、北緯51度12分30.5秒・東経3度13分25.4秒です。
※画像をクリックすると別窓で拡大表示されます※