聖母大聖堂
ステーン城
謎のスパイダーマン
隣が気になるアムール虎
朝から雪(昼前に雨)ながら、アントワープ(Antwerpen)へ行ってきました。
月曜日は美術館や博物館がお休みとなりますが、教会は見学できるので、大聖堂を訪問。初めて(?)、日本語パンフに遭遇しました。
その後、一番のお目当てである動物園(Zoo Antwerpen)へ。アムール虎(※2013年1月4日訂正、”豹”でしたね)が一番元気良さそう。当然かしらん?

追記(2013/01/04):・1番目画像は、『フランダースの犬』でお馴染みの聖母大聖堂(Onze-Lieve-Vrouwe kathedraal)のステンドグラスです(下から見上げて撮ったにしては、比較的上下の歪みが少ないと思える一枚)。こういう角度を補正してくれる画像編集ソフトがあればいいのですが。
・2番目画像は、スベルテ川(Schelde)に臨むステーン城(Het Steen)。かつては海洋博物館があったそうです。今は、内部は見られません(多分)。小雨の中、城を通り抜けて川をしばらく眺めておりました。晴れていたら気持ちよかったでしょうが。撮影場所は、北緯51度13分20.1秒・東経4度23分50.8秒です。
・3番目画像は、ステーン城から中央駅へ向かう途中。壁面のスパイダーマン(?)に驚いて、つい……。
撮影場所は、北緯51度13分13秒・東経4度23分50.3秒です。
・4番目画像は、隣の檻が気になって仕方がないアムール豹。確か、見つめる先には黒豹さんがいました。
撮影場所は、北緯51度12分56.7秒・東経4度25分18.3秒です。
入園した時は人影が見えず、寂しい思いをしましたが、途中からどんどん入場者が増えてきました。
駅近傍、市街地。大阪の天王寺動物園を思い出しちゃいましたよ。
※画像をクリックすると別窓で拡大表示されます※